凸版印刷がディスプレイ上で確認できるカラーマネージメントを開発

今まで印刷物を工場など現場に見に行くか郵送された現物をみて、調整と確認に大きな手間をかけていた色校正が非常に効率よく、簡単になるのでは?

という新技術を凸版印刷が開発したという話です。

これが本当に可能なら革命的に便利に成ると思いませんか?

記事抜粋

凸版印刷は11月5日、最終印刷物の仕上がりの色調をディスプレイ上で確認できる「カラーマネージメントクラウドサービス」を開発し、11月から運用を始めると発表した。高精度なカラーマネジメントエンジンをクラウドサービスとして提供。遠隔地の複数人がオンラインで色校正するといったことが可能だ。

新サービスは、プロセスカラー(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色)だけでなく、特色(インキ会社や印刷会社が独自の配合で作った色)にも使える高精度なカラーマネジメントエンジンをクラウドサービスとして提供するもの。印刷方式や使うインキ、用紙などの条件を入力すると、カラーマネジメントエンジンがプロファイルを作成。レイアウト済みの紙面PDFデータをアップロードすることで、ディスプレイ上で実際の最終印刷物と同じ色調を表現する。

用紙は主な素材全てに対応。印刷方式はオフセット印刷、UVオフセット印刷、グラビア印刷に対応し、出版印刷、商業印刷、パッケージ印刷など異なる分野でも使えるという。

クラウドシステムのため、自社内だけでなく、社外や複数拠点で利用でき、複数人で最終印刷物の色確認が可能だ。

抜粋元:ITmecia

カラーマネジメントをクラウドで 凸版、ディスプレイで最終印刷物の色調確認できる技術を開発