Panteneの広告が日本の就職活動に一石を投じる画期的な内容だった

就活の髪型どうあるべき?

#1000人の就活生のホンネ から見えてきたのは、就活ヘアに対する息苦しさ、そして自由な髪を求める声でした。

#就活をもっと自由に 難しい問題だけど、これが今のパンテーンの思いです

PanteneオフィシャルTwitterより抜粋

日本の文化は欧米を追いかけ、今では先進国として世界中でも大きな存在に成っていますが、その独自性を悪い意味で残すのが旧体制依存ではないでしょうか?

何かしら根拠建てた名目が有るわけでなく、なぜか残っている文化がたくさんありますが、「就職活動」もその中の悪しき習わしの一つでしょう。

個性を尊重する時代に有って没個性を求めるこの行事には多くの人が疑問と不満を抱えているということが、この広告からも浮き彫りと成っていますが、そんな強いメッセージを「自社の広告」と言う媒体の中で、PRをうまく絡ませた考え抜かれた広告ではないでしょうか?

電車の中釣りや新聞紙面でも見られるようなので皆さん中の文章にも注目してみてください。