むしろ今まで無かったの?「Slack」が日本法人を正式立ち上げ

デザイン業界やそれ以上にエンジニアさんの間ではもはや当たり前のように使われている「Slack」ですが、日本語パッチ対応までされているのに、実は今まで日本に法人がなかったんです。

6/26(火)にスチュワート・バターフィールドCEO兼共同創設者が初めて公式来日し、日本法人の正式立ち上げを記念し、都内で「勤勉で、良好なチームワークを誇る日本の労働をより支援していきたい」と記者会見で挨拶したそうです。

以下記事抜粋

Slackは、無料から利用できるフリーミアム型のビジネス向けチャット ツール です。2014年2月にゲーム開発会社内でのチャット ツール を原型とし、サービスの提供を始め、その後、 口コミ を通じて利用者が増加しました。

2018年6月現在、Slackは世界100カ国以上で利用されており、日間アクティブ ユーザー (DAU)は800万人を突破し、300万人以上が有料プランを利用しています。

2017年11月には、日本語版サービスの提供を開始しました。今では、日本国内のDAUは50万人以上、有料プラン利用 ユーザー は15万人と、米国に次いで世界2位の ユーザー 数を抱える規模に成長しています。

スチュワート 氏は、Slackが世界の中でも突出して日本で利用されている理由として、「日本人はエンジニアを始めとする職人に対する尊重と愛の精神があり、海外から新しい技術を取り入れることにも優れている」とした上で、Slackの“効率性”、“チームワーク”、“改善を重ねて完璧を目指す”という労働の価値観の共通点に触れました。

「Slackによってコミュニケーションの弊害をなくし、人間にしかできないクリエイティブな仕事を生み出す時間を創出してほしい」と語りました。

日本の新しいプラットフォームとしての期待

会見では、Slack Technologiesが投資を受けているソフトバンクグループ株式会社の代表取締役会長兼社長である、孫正義 氏からのビデオメッセージも公開されました。

孫 氏は、「今では日本でも『Slackがないと仕事ができない』という声を聞く。Slackはこれから日本の新しいプラット フォーム になると期待している」と述べました。

 

記事元
ferret:ビジネス向けチャットツール「Slack」が日本法人を正式立ち上げ