【東宝がAlphaBoatと資本提携】クリエイターに対して東宝による監修や助言、製作機会を提供

東宝とAlphaBoatが資本業務提携契約

映画や演劇の製作/配給を手掛ける東宝株式会社(以下、東宝)がAlphaBoat合同会社(以下、AlphaBoat)と、資本業務提携契約の締結に合意したことを発表しました。
AlphaBoatはSCデジタルメディア株式会社の傘下企業で、住友商事がインターネットを通じたデジタルメディア市場に進出するため設立した統括会社です。

クリエイターの発掘や育成、動画制作支援などを主な活動内容としていましたが、そうしたクリエイターとのパートナーシップを強化したい東宝が
今回の資本業務提携により、優れた才能を持つAlphaBoatのクリエイターに対し、東宝のプロデューサー陣による作品の監修や助言映像作品での製作機会の提供をすることで映画やアニメの監督、音楽家、タレントなどを育成するとのこと。
東宝の「コンテンツ戦略」とAlphaBoatの「クリエーター育成」という目的の合致により、今回の提携となった模様。

大手資本による育成ビジネスに資本とノウハウが流入されることは業界にとって非常に有益だと思います。
何より単なる資本提携ではない、現場感のある業態からの提携なのは非常に有り難いことではないでしょうか?

詳細ついて
7月下旬に実施予定のAlphaBoatローンチパーティーで正式に発表する予定

AlphaBoat製作コンテンツとして、新進気鋭の監督及び俳優を起用したオリジナルコンテンツを、YouTube内の自社チャンネルにて、6月末から配信。第1弾として「さいなら、BAD SAMURAI 」がカナザワ映画祭でグランプリ、「ウルフなシッシー」 (2018年9月15日より劇場公開決定)がTAMA NEW WAVEでグランプリ他3冠を受賞した大野大輔氏、自身初の長編映画「少女邂逅」がMOOSIC LAB 2017観客賞受賞を皮切りに、香港国際映画祭や上海国際映画祭での上映を経て2018年6月30日から劇場公開されるの枝優花氏の2作品を公開する。

 

記事元
PR TEMES:SCデジタルメディア傘下AlphaBoat、東宝と資本業務提携に合意

ねとらぼ:東宝、AlphaBoatと資本業務提携 気鋭のクリエイターとの関係強化へ