グラフィックトライアル2018 開催

グラフィックトライアル2018 -Passion-
グラフィックの可能性を印刷で探るポスター展

6月の16日(土)9月17日(月・祝)に印刷博物館P&Pギャラリーにて開催されるグラフィックトライアル2018は著名な参加クリエータたちの作品を、凸版印刷のプリンティングディレクターがその持てる技術を使って表現していくという企画展。

印刷博物館本展示場に入場するには入場料が必要とされているが
グラフィックトライアル2018自体は入場無料で、気軽に見に行けるように成っている。

参加クリエーターは

  • グラフィックトライアル
  • サンティ・ロウラチャウィ
  • 八木義博
  • 鈴木晴之

オフィシャルサイト抜粋

グラフィックトライアルとは、グラフィックデザインと印刷表現の関係を深く追求し、新しい表現を模索獲得するための試みであり、第一線で活躍するクリエイターがさまざまな印刷表現に挑戦する実験(トライアル)企画です。
今年のテーマは〈Passion〉。パッションとは、理性と対比された強い感情や情感、熱情を意味します。愛、欲望、怒り、憎しみ、悲しみ、喜びなどの感情、あるいは物事に対する愛着や熱中は、これまで多くの人々を突き動かし、創作の源とされてきたものです。今回、クリエイターの〈Passion〉を凸版印刷のプリンティングディレクターが受け止めました。互いの情熱を感性と技術に注ぎ込んでつくりあげた多彩な表現の世界をご覧ください。

オフィシャルサイト
https://www.toppan.co.jp/biz/gainfo/graphictrial/2018/